MEMBER

チームメンバー・代表メッセージ

田中 彩諭理

SAYURI TANAKA

CEO

大学・専門職大学院で臨床心理を専攻。事業会社の新事業立ち上げを経て、IoTベンチャーに飛び込み、ハードウェアの現場で修行を積む。2017年にMEDITAを現CROの丸井朱里と共に設立。

丸井 朱里

SHURI MARUI

CRO

博士(人間科学)。2021年3月まで早稲田大学人間科学学術院助教を務め、女性の体温調節や熱中症に関する研究に従事。MEDITAの共同創業者であり、研究開発部部長。

and more

MESSAGE

私たちは「生きるに寄り添うテクノロジー」というミッションを掲げ、設立当初より全力で走り抜けて参りました。

MEDITAの事業アイディアは、自宅介護で祖父を亡くしたことや、自身の体調管理の難しさなど、個人的な経験をきっかけに「体温」を軸に「もっと多くの誰かの大切な命を守ることができるのではないか」という想いから、臍部周辺温度を計測することができるウェアラブルデバイスを医療機器として開発し、研究と共に社会実装を目指すためにスタートしました。その想いを事業化する中で、研究やテクノロジーの分野で、強力にサポートしてくれるチームメンバーを迎えることができました。

体温に関する研究はまだまだ未開拓の部分が大きい分、新しい発見や、より医療への活用が期待できることが分かってきました。現在、私たちが自社開発しているウェアラブルデバイスは、病気の早期発見に関する研究や治験に関し使用されています。

今後、私たちは体温を軸とした研究により重きを置き、その研究により導き出された結果をテクノロジーによってサービス化し、社会実装を目指してまいります。

この世界には、まだまだ安全な医療を受けることができない状態があふれています。ひとりひとりの体調管理やライフスタイルにもとづくサービスを追求し生み出し続け、誰もが健やかな健康を享受することができる、そんな世界の実現をMEDITAは目指していきます。

株式会社MEDITA / CEO
田中彩諭理